哺乳瓶や離乳食の食器に除菌や消毒は必要?

離乳食が必要になったお子さんは今までよりももっと活発になります。その際に使っている哺乳瓶や食器の除菌はどうすれば良いのでしょうか?

また仮に全く消毒しないとどのような事が起こりうるのでしょうか?大切なお子さんだからこそ、愛情と手間をかけてあげたいのですが、その親心が良くない方向に向いている事もあるのです。ここでは、そんな消毒や除菌の必要性について説明していますので、親御さんには必見の情報だといえるでしょう。

除菌や消毒しないとどうなる?

消毒や除菌が必要なのは理解しているけれど、そのまま放置しているとどのような状態になるのでしょうか?ウイルスや細菌は目に見えないので、色が変わってしまう、または目に見えておかしな様子になるという事はありません。

赤ちゃんは生まれた当初、胎内にいたころにもらった栄養や母乳から、ある程度の免疫力を持っています。しかし2~3ヶ月後にはその免疫がなくなってしまい、赤ちゃんは全くの無防備な状態になります。そこで哺乳瓶などから雑菌が入ってきてしまうと、安易に病気になってしまいます。赤ちゃんが急死する原因の一つにばい菌が挙げられます。そのくらい耐性がないので、哺乳瓶や離乳食の食器はこまめに除菌してあげましょう。

またネットの書き込みや人によっては「消毒は必要ない。」と言っている方もいます。これは3ヶ月以上の赤ちゃんに該当するケースがほとんどですので、月齢に合わせて除菌の必要性を見極めましょう。

いつまで哺乳瓶の消毒は必要?

哺乳瓶は使うごとに消毒しているけれど、一体いつまで消毒すればいいの?熱湯や哺乳瓶洗浄剤を使うと手間だけではなくコストが発生するので、不必要であるならする必要はないと思いませんか?

前の項目でも申したように、赤ちゃんは3ヶ月辺りまではとてもデリケートです。しかしそれ以降からは食事、または自分からおもちゃを舐めたり口にしたりする事で、免疫力をアップさせていきます。そのため、3~6か月からは徐々に消毒を減らし、水洗いにシフトしても問題ありません。この時期に除菌・抗菌を徹底し過ぎると、免疫力があまり上がらず体調を崩しやすくなるケースもありますし、場合によってはそれが大人になるまで続いてしまう事もあります。

お子さんの一生涯の体調を左右してしまう、特別な期間だからこそ本当に必要なものを見極めて頂ければと思います。

離乳食の食器は?

免疫力アップの為に様々な行動をする様になる赤ちゃんですが、離乳食を食べている赤ちゃんにはどのように対応すればよいのでしょうか?
あまり神経質にならなくても良いのですが、複雑な形状をしている場合や汚れがこびりついて気になる場合は、定期的に除菌をしても良いですね。熱湯や電子レンジを使っての消毒も良いですし、除菌スプレーを使うのも良いでしょう。

ただしその時は一度水で洗い流す、または赤ちゃんの口に入っても安全な成分を使っている製品を選択することがベストです。これらの除菌グッズが無い場合は、食器用洗剤でも問題ありませんが、すすぎ残しには注意して必要に応じて熱湯除菌などを行うと安心です。

赤ちゃんの食器専用のスポンジも販売されていますので、家族に感染症やインフルエンザの方いる場合は、このようなグッズを活用することも賢い選択といえます。

まとめ

哺乳瓶や離乳食の食器と赤ちゃんが普段使うものに関しては、月齢に合わせた除菌・抗菌が必要です。新生児~3ヶ月あたりは免疫力が極端に低く、ばい菌によって死亡する可能性もありますので、こまめな消毒が必要です。

スプレーや専用の薬液、熱湯による消毒と様々な手法がありますので、用途や状況に合わせて使いわけて頂ければと思います。また赤ちゃん専用スポンジや洗剤もありますので、離乳食用の食器も清潔な情報で使用出来るのも嬉しいですね。