おすすめの商品はコレ!除菌や消臭効果の高い商品ランキング
  • > 
  • 除菌スプレーの効果と赤ちゃんへの影響

除菌スプレーの効果と赤ちゃんへの影響

大人でも過剰使用すると肌荒れやかぶれの元になってしまう除菌スプレーですが、赤ちゃんへの影響はどうなっているのでしょうか?ここでは赤ちゃんがいる家庭でも、安心してスプレーが利用出来るような使い方や、効果について説明しています。

ちなみに普段何気なく使っているのですが、どの様な成分が配合されているのかはご存知でしょうか?成分を知れば、家族の健康を守る事が出来ますしアレルギーのある方にも安心して使う事が出来ます。効果的に使いたいのであれば、まずは知識が必要です。

除菌スプレーの成分

ドラッグストアや薬局へ行くと特設コーナーが設けられているほど、多くの種類がある除菌スプレーですが、成分は全て一緒なのでしょうか?
この製品は無水エタノールと言われる成分に精製水を合わせたものがポピュラーで、70%・30%の割合が一般的です。この無水エタノールは比較的安価でありながら、消毒成分もありますので使い勝手の良い成分だといえます。ちなみに製品の中には、香料が配合されているタイプもありますので、アルコール独特の臭いが苦手な方でも利用出来るのも特徴です。

これらのスプレーにはメタノールやイソプロパノールを使っているケースもありますが、酒税法によってややコストが高くなってしまいます。しかし効果はてきめんで、除菌というよりも消毒に近く人体だけではなくキッチン用品などの除菌にも役立ちますので、使い分けるのも良いでしょう。

除菌スプレーの用途

除菌スプレーと言えば、人体に付着しているウィルスや細菌を除去するというのが前提ですが、どのような使い方があるのでしょうか?衣服などの除菌にも効果的ですので、外出先で付着した細菌の除去だけではなく、雑菌も除去してくれるので消臭効果もあります。

またスマートフォンについた手垢や液晶フィルムを剥がしたあとの汚れも除菌スプレーをキレイに落ちてくれます。アルコール成分を使ってルームスプレーにする、またはゴキブリ退治にも有効なのです。アルコールは油分に強く、分解してくれる力があるので除菌をしながら汚れも一緒に落としてくれます。そのため、キッチン用品との相性が良いのです。

除菌・抗菌だけではなく、使い方次第で様々な面で活躍してくれますので「手洗い、うがいだけで間に合っている。」とは言わずに導入を検討して見て下さい。

赤ちゃんがいる場合どうすればよい?

赤ちゃんは大人よりもデリケートで、すぐに体調を壊してしまうケースもあります。そんなか弱い赤ちゃんを守るのが親の仕事でもありますので、普段何気なく使っている製品にも気を配りたいものです。

除菌スプレーは使い方によっては大人でも肌トラブルを起こしてしまう事もあるのですが、赤ちゃんのいる家庭で使用しても良いのでしょうか?「赤ちゃんがいる場所は清潔にしたい。」そう思って使うのは理解できますが、過剰に使うとトラブルの元になりますので、赤ちゃんのいる場所では節度を守って利用しましょう。

ちなみに太陽光にあてる事でほとんどの菌は死滅します。そのため、赤ちゃんが使っている布団やおもちゃは天気の良い日に太陽光に当てるだけで十分です。赤ちゃんと一緒に日向ぼっこをしても良いですし、スキンシップも取れますので一石二鳥といえます。

まとめ

どんな製品に関しても効果的に使いたいのなら、まずはその成分や正しい用途を知る必要があります。除菌スプレーにも同じ事がいえるのですが、この製品の大部分は無水エタノールで作られています。精製水と合わせる事でスプレーになるのですが、どちらもドラッグストアで手に入るので、自分で作るのも良いですね。除菌・抗菌効果だけではなく、消臭や汚れ落とし、ルームスプレーなど様々な用途がありますのでいくつかの製品を使い分けるのも良いでしょう。

赤ちゃんは大人よりもデリケートですので、近くで除菌スプレーを過剰に使う事はおすすめしませんので、注意して下さい。

この記事をシェアする!