おすすめの商品はコレ!除菌や消臭効果の高い商品ランキング
  • > 
  • インフルエンザにかかったら拡大防止のために消毒や除菌は必須!

インフルエンザにかかったら拡大防止のために消毒や除菌は必須!

感染性の病気の中でも、非常に認知度が高い病気であるインフルエンザ。毎年流行のシーズンになると予防接種をしたり、感染対策をしたりする方も多いのではないでしょうか?インフルエンザは、重症化してしまうと命にも関わる場合がある非常に恐い病気です。では、インフルエンザにもしかかってしまったらどういった対処をすればよいのでしょうか?周りの人への感染を防ぐためには何をするべきなのでしょうか?予防策を知っておくことは非常に重要ですので、参考にしてみてください。

インフルエンザとは

インフルエンザとは、毎年秋から冬に流行するインフルエンザウイルスというウイルスが原因で起こる感染性の病気です。近年では、新型の夏に流行するものも出てきていて、ほぼ一年中感染の危険がある病気です。症状としては38℃以上の高熱、関節痛、だるさ、さらに鼻水や咳、のどの痛みなどの風邪と非常によく似た症状も現れます。

ウイルスに感染してしまった場合、数日間の潜伏期間の後、発症します。発症すると突然高熱が出て、だるさなど全身への症状が現れていきます。治療法としては、薬を使う方法と食事や休息、睡眠などを十分にとって安静にするという方法があります。薬を使用する場合には、抗ウイルス薬を使用しますが、発症してから48時間を超えてしまうとウイルスが増えすぎていて効果が出にくくなってしまいますので、発症してしまったら出来るだけ早く病院で受診をして薬を処方してもらう必要があります。

かかってしまったときの対処法

インフルエンザにかかってしまったかなと思ったら、まずすべきことは少しでも早く病院で診察をうけ、検査を受けて薬を処方してもらうことです。症状が出てから2日間、つまり48時間以内に治療を受け、抗ウイルス薬を飲めば比較的簡単に症状は緩和しますし、重症化することもありません。薬をきちんと飲んで、睡眠を十分にとって安静にし、栄養を補給することでよくなっていきます。

食欲がない場合にも、高熱がでることで体内の水分は不足していますので水分補給はきちんとするようにしましょう。また、ウイルスは乾燥していると増殖していきますので、部屋を加湿して湿度を40~60%に保つようにしましょう。そして重要なのは、回りの人に感染させないようにすることです。一緒に住んでいる家族がいるのであれば隔離してもらう、マスクを着用するなどの対策が非常に重要になります。

感染を拡大させないためには消毒や除菌が必要

インフルエンザを拡大させないためには、ウイルスの感染を防ぐ必要があります。そのために必要になってくるのが消毒や除菌です。もちろんマスクをしてウイルスが飛んでいくこと、吸入してしまうことを防ぐことは非常に重要です。

ですが、ウイルスの感染経路はそれだけではありません。外出先から帰宅したら必ず手指を消毒すること、家族の中にインフルエンザに感染してしまった人がいるのであればその人と接触するたびに消毒を行ったり、ウイルスが付着したと思われる場所は除菌スプレーやシートなどを使用してウイルスを取り除く必要があります。

インフルエンザはウイルスさえなければかかることのない病気です。感染の拡大を防ぐためには、消毒や除菌を必ず行うようにしましょう。

まとめ

インフルエンザは非常に感染力が高く、毎年流行してしまう病気です。ですが、消毒や除菌を行いウイルスを除去することで感染を防ぐことが出来る病気でもあります。万が一自分がインフルエンザにかかってしまった場合には、周囲の人にうつしてしまうことが内容にマスクをしたり、接触を避けたりする必要があります。

そしてまだ感染していない場合には、手洗いやうがい、マスクの着用でウイルスへの感染を防ぐこと、発症者が身近にいる場合には出来るだけ接触を避けること、消毒や除菌を行って可能な限りウイルスを除去することが大切です。

この記事をシェアする!