インフルエンザ感染を防ぐための環境づくりとは

高い熱が出て、関節痛が出るなどかかってしまうと非常に辛い症状がでるインフルエンザは、流行しているからとは入っても出来るならかかりたくない病気ですよね。自分自身で予防をすることはとても重要ですが、環境づくりもとても大切です。インフルエンザにかからないためにはどのようにすればよいのでしょうか?実際に行うべきことをご紹介していきますので、感染対策の参考にしてみてください。

感染しやすい経路とは?

インフルエンザウイルスが感染する経路としては、空気感染、飛沫感染、接触感染の3つがあります。その中でも感染しやすいのは空気感染と接触感染です。感染した人がくしゃみや咳をすることにより、飛び出したウイルスを鼻や口から吸い込み感染するケースを「飛沫感染」と呼びます。これはマスクをすることである程度防ぐことが出来ます。

ですが、空気感染と接触感染は、目に見えないウイルスを避けて生活するというのは非常に困難ですので感染する可能性がとても高いです。ですから、インフルエンザに感染しないためにはウイルスが増殖していかないような環境づくりをするということ、すでに存在してしまっているウイルスを可能な限り除去した環境づくりをするということが非常に重要になってくるのです。

インフルエンザにかかりやすい住環境とは?

インフルエンザにかかりやすい住環境とは一体どのようなものなのでしょうか?まずは乾燥していない空間を作ることが必須です。インフルエンザのウイルスは乾燥を好むため、空気が乾燥しやすい冬場の時期などはどんどん増殖する傾向にあります。また、換気をあまり行わないような環境であれば一度入ってしまったウイルスがでていくということがありません。

そのためウイルスは次第に増えていき、感染のリスクが高い環境となってしまいます。これを避けるためには加湿器を使用したり、洗濯物を室内に干すなどして室内の湿度を高くしましょう。

すると、感想を好むウイルスは生きていけなくなりますので湿度を最低でも40%以上、できれば60%程度に保つことが理想的です。また、人の出入りの多い家というのはその分ウイルスが入ってくる機会も多く、感染の危険性も高まりますのでこまめに除菌や消毒を行うことが大切です。

感染予防対策は?

インフルエンザに感染を避けるためにできること、それは部屋の湿度を高く保つことです。インフルエンザのウイルスは温度が低く、湿度の低い場所つまり乾燥した場所で増殖します。それを防ぐためには加湿器などを利用して部屋の湿度を高く、一定に保つことが極めて効果的です。

外出先では、加湿をすることはなかなか難しいので、マスクを付け、口と鼻の周りを保護しましょう。するとウイルスの活性化を防ぎ、感染予防につながります。また、部屋の中にウイルスが留まった状態にしておくと、どんどん増殖します。

そのため、定期的に換気を行い、中にいるウイルスを外に出すようにしましょう。その他には、共用で触れる部分や、外出先から帰ってきて必ず触るような場所はウイルスが付着している可能性が非常に高いので、アルコールなどの薬剤を使用して除菌や消毒をマメに行いましょう。これによりウイルスを除去でき、感染予防に高い効果を発揮します。

まとめ

感染を防ぐために出来ることは、手洗いやうがい、予防接種など自分の体に働きかけることにどうしても目がいきがちです。ですが、実際には生活する空間をいかにウイルスに感染しにくい空間にするかということがとても大切です。ウイルスに感染しないためにするべきことは、そんなに難しいことではありません。加湿器をつけたり、換気をしたり、除菌を行ったりと手軽に出来ることばかりですので、定期的に行うことをおすすめします。