インフルエンザの種類とそれぞれの症状

インフルエンザの予防注射をしたのに、なぜか感染してしまったなんて経験はありませんか?それはインフルエンザにはいくつかの種類があることが原因で起こってしまいます。注射した型と、流行している型が違うものであれば感染してしまうのです。インフルエンザは大きく分けて3つの型に分けられますので、それぞれどのような特徴があるのか、現れる症状にはどのように違いがあるのか、まとめていきます。

A型インフルエンザ

A型インフルエンザは、他の2つの型と比べて非常に症状が重いという特徴があります。インフルエンザと聞いてまず私達がイメージするようないわゆる急激な38℃以上の発熱や関節痛、だるさなどはこの型の特徴です。併せて寒気や頭痛、鼻水や咳などの症状も現れます。

A型はその中にも100種類以上の種類があり、変異しやすいという特徴があります。そのため、人間が持っている免疫では対応することが出来ずに毎年流行をしてしまいます。3つの種類の中で、流行する危険性が最も高いのも、A型のものになります。

そしてA型は、合併症を起こして重症化してしまうことも多いです。肺炎や、脳炎、気管支炎や心筋炎など様々な合併症の危険性がありますので、高齢者の方や乳幼児などは感染することのないように特に注意が必要です。

B型インフルエンザ

B型インフルエンザは、A型が流行して沈静化したころに流行していきます。毎年流行するものではなく、おおむね2年に1回のペースで流行しています。

症状としては、基本的にはA型と変わりはありませんが比較すると重症度は軽いとされています。症状は、消化器系や気管支系にでてくることが多く、高熱が出ないこともあります。変異はあまりしない型ですので、一度ワクチンを接種すれば一定期間中は効果があり、感染を防ぐことが出来ます。

B型のウイルスの感染経路はヒトからヒトのみであるということが確認されていますので、手洗いうがいをきちんとすること、マスクを着用することというのが予防策として非常に有効な手段となります。高い熱が出ない場合があるため、インフルエンザの症状であると気がつきにくい時もありますが、通常の風邪や胃腸炎などと何か違うなと感じたら、すぐに病院にいくようにしましょう。

C型インフルエンザ

C型インフルエンザは、あまり耳にしたことがないという方も多いのではないでしょうか?実際にC型はあまり流行するものではありません。変異することがほとんどないウイルスですので、一度体内に抗体が出来てしまいさえすればその後感染するということはほとんどありません。ほとんどの人は、小さいころに感染して抗体があるので、大人になってからかかるということはありませんので大人の中で流行はしにくい型です。

症状も他の2つの種類と比較すると非常に軽く、通常の風邪であると認識して病院にはいかないケース、いったとしてもインフルエンザの検査はされないケースというのが非常に多いです。また、C型のウイルスには抗インフルエンザ薬は効果がありませんので、万が一感染してしまった場合には安静にして、十分ば睡眠と栄養、水分の摂取をして様子を見ながら、対症療法として症状に合わせた薬を服用することになります。

まとめ

インフルエンザと一口に言っても、その中には大きく分けて3つの種類があります。その3つの種類は、それぞれ症状も重症度も感染のしやすさも、治療方法も違います。自分がどの型にかかってしまっているのかということは自分で判断できるものではありません。

3つのうちどの型に感染しているにせよ、少しでもはやく病院にいって診察を受けることが回復へのもっとも近い方法であることには変わりませんので、自分が感染しているという可能性を感じたらすぐに病院にいきましょう。