実は雑菌だらけ!スマホもきちんと除菌しよう

情報を知る、音楽を聴く、漫画を読むなど様々なシーンで活躍する機会の多いスマホ。空いた時間を有効に活用することのできるまさに現代人の必須アイテムですが、日常様々な機会で使用している分、雑菌は非常に多く付着しています。目に見えない雑菌のため私たちは気付かず触っています。できればこまめに除菌したいところですが、精密機器でもあるため間違った方法は選べませんね。そこで効果的なクリーニング方法などを紹介します。

実は菌は体にも必要

何気なく手にした、耳にしたり、時にはベッドに持ち込んだりしているスマホですが、どの位の雑菌が付着しているかご存知でしょうか。実はトイレの便器よりも雑菌の数が多いのです。トイレは不衛生なイメージがあるでしょう。近年は抗菌素材の便座も開発されていますから、雑菌の繁殖が抑えられているところではあります。

実際はトイレよりもスマホの方が雑菌の温床となっているのです。そう聞くとすぐさま除菌したくなるでしょう。そもそもスマホは常に使用しているものですが、素手で持つ機会の多いものですね。例えば電車でつり革を使った直後に使ったり、ドアノブに触れた直後に使ったりします。

色んな所を触ったすぐ後に持つため、様々な場所の雑菌が付着するのです。つまり手を洗うのと同じように、こまめな除菌が必須のものであるということなのです。

除菌するあまり逃すものとは

例えば雑菌がたくさんついた手を放置したらどうなるでしょう。その手を洗わずにものを食べたとき、手に付着した雑菌は例え箸を使っても、何かの機会に口に入ってしまいます。大きな病気を発症してしまうことにもなるでしょう。だからトイレに行ったら手を洗うこととか、外出して帰宅したら手洗いうがいをしようと進められているのです。手に付着した雑菌を除菌するために手洗いが推奨されているということなのです。

でも、手だけ洗えばいいでしょうか。お話したように現代人の必須アイテムと言えるスマホにはトイレの便器並みに雑菌が付着しているのです。手と同様にスマホの除菌も必要になるというのが御理解いただけるでしょう。手を洗うのと同じくらいにスマホを洗浄することは、自分の体調を守ることだけでなく、家族の健康を維持するためにも欠かせないことであるのです。

除菌で菌を排除するのではなく、菌とうまく付き合おう

さて雑菌が多く付着していることが分かったスマホですが、ご存知の通り精密機械です。防水機能が付いたものも多くありますが、だからといって手のように水に入れてごしごしと接見で洗うなんて洗浄方法で除菌することは出来ません。一般的な除菌方法としては市販のクリーニングクロスを利用することでしょう。そのほか自宅にある消毒液をティッシュやコットンに少量含ませて、これでふき取るという方法もあります。

拭き取る回数としては、1日の中で数回、こまめにするように心掛けるのが良いでしょう。更に効果的に除菌したいという場合にはスマホの除菌が可能な紫外線照射機を利用することです。30分程度の照射によって多くの菌が死滅するので、1日の終わりに使うのが良いようです。こうした機器がない場合でもこまめにふき取ることで十分衛生的に使用することができますから、意識してクリーニングするように努めましょう。

まとめ

普段何気なく使用しているため、スマホの除菌を忘れているという方も多いでしょう。でも実は感染症の発生は手指だけでなくスマホからという場合も多くあるのです。便利になったからこそ、意識して見つめ直すべき環境は存在しているものです。毎日安全で安心して使う環境を整えるためにはスマホの除菌は決して忘れてはいけないところということです。自分のだけでなく、家族の持ちモノもこの機会に見直して除菌環境を整えてみましょう。