窓ガラスの除菌を簡単にする方法

窓は外からも見える部分なので、出来る限り清潔に保ちたいけれど掃除が面倒だしこれをルーチンに入れるのはちょっと面倒。そう思っている方もいるでしょう。

しかしちょっとしたコツと掃除の方法を覚えれば面倒な事はありませんし、除菌も出来るので今以上に清潔な状態を保てます。ここでは通常のお手入れ方法だけではなく、より清潔に保つための方法や、ちょっとしたコツについて紹介していますので、窓ガラスの掃除が面倒だと思っている方は参考にしてみて下さい。

窓ガラスの汚れの原因

なぜ窓はこんなにも汚れやすいのでしょうか?掃除をしたと思ったら、いつの間にか汚れていますし台風や天気が悪くなるとすぐに汚れが付着してしまいます。

汚れの原因は様々ですが、外側の場合は風に乗って飛んでくる花粉や砂、泥によるものが多いです。車の多いエリアであれば排気ガスでくすんでしまうケースもあります。雨の中含まれている不純物が汚れに繋がるときもあり、その為に天気が悪くなると汚れてしまうのです。

窓ガラスの内側の汚れの原因は、汚れた手で触ったり、皮脂がガラスについてしまったりする、あるいは室内の小さなゴミやホコリです。また、喫煙者がいるとタバコのヤニで黄色くなる事も考えられます。キッチン近くであれば、油汚れがメインになり頑固な汚れとして嫌われています。汚れにも種類がありますので、対策を考えている場合はそれぞれに合った対応策が必要なのです。

通常の窓掃除の方法

除菌を兼ねた掃除方法を説明する前に、まずは通常の掃除方法について説明していきたいと思います。必須アイテムはタオル(雑巾)、バケツです。窓ガラスはあまり汚れがこびりつかないので、軽いものであれば水拭きだけで良いのです。堅く絞った布で外、内側共に拭くだけです。しかしこれだけでは時間がかかってしまうケースもあります。

その場合にプラスして欲しいのが食器洗い洗剤です。皮脂や油分を分解してくれるので水拭きよりも簡単に汚れが落ちます。また布ではなく新聞紙を使った手入れ方法もありますので、ライフスタイルや好みに合わせて使い分けると良いですね。

ちなみに掃除の頻度は月に1度程度、または汚れが目立ってきた時がベストです。こまめに手入れをしても良いのですが、あまりやり過ぎてしまうとガラスに傷がつく可能性もあります。

窓掃除には除菌スプレーが有効!

除菌スプレーのほとんどはアルコールで構成されています。そのため、すぐに蒸発するので窓ガラスの掃除にもぴったりといえます。また除菌が出来るので、小さなお子さんや高齢者がいる家にも合ったお手入れ方法なのです。

やり方は通常の方法と同じで、吹きかける洗剤を除菌スプレーにするだけです。すぐに蒸発するので多めに吹きかけた方が良いのですが、掃除をしながら分量を調整していくと良いでしょう。また抗菌作用もあるので、丁寧に掃除をしたいという方にも向いています。

室内に浮遊している細菌やウイルスを除去する効果もありますし、消臭効果もありますので臭いが気になる場合にも良いですね。アルコールを拭く布は通常のものでもよいですが、マイクロファイバーだと更に乾きが早くなりますので時間短縮がしたいという方にもおすすめです。

まとめ

ホコリやゴミ以外にタバコのヤニや排気ガス、雨に付着している不純物と様々な汚れが付着している窓。掃除はとても面倒ですが、基本的な手法を理解しているといつでもサッと掃除が出来ます。

また除菌スプレーを使う事で時間の短縮になったり、室内のウイルスや雑菌の除去をしてくれたりするので、忙しい方にもぴったりです。掃除の頻度は月1、またはガラスが汚れてきたと思った時で良いので、毎日行う必要もありません。外から見られやすいからこそ、より清潔にしておきたいものです。