除菌、抗菌、殺菌の違いは?

菌には悪いものもあれば人間の身体にとって助けになるものもあります。しかし我々には自分の意思だけで菌を取捨選択することは出来ません。上手く付き合っていく為にも良いものは残し、悪いものだけを取り除く、そこで重要になってくるのが悪い菌への対抗策です。主な目的は身体に害を為す悪い菌の影響力を落とすことですが、これには除菌や抗菌、殺菌など日常的に耳にするような聞き慣れた対策を講じなければなりません。これらの違いを理解、使いどころをしっかりと把握して初めて最大限のパフォーマンスを発揮出来るでしょう。

除菌とは?

菌を除くと書いて除菌ですから、除菌とは菌を取り除くことです。テーブルやカーテンなど菌の温床に対し用いられる、薬局などでよく目にするシートやスプレーには除菌を目的としているものが多く、一般家庭でも日常的に使われていることが分かります。しかし菌を取り除くとは言っても対象物に付着している菌の数を減らすだけであり、殺すわけではありません。

他にも日本では外出を終えて帰宅した際に真っ先に洗面所へ向かう習慣がありますが、そこで石鹸を使って手を洗うという行為自体も除菌に当たりますので手を洗った段階で菌が完全に無くなったと考えるのは誤りです。他の類義語の中では、菌への対抗策としては比較的弱いということを覚えておきましょう。

抗菌とは?

抗菌は菌に抗うという文字通り、菌への抵抗力を強めることです。ここで注意したいのが抵抗力を強めることが菌を取り除くことに繋がらないという点です。あくまでも現状よりも悪化させない、菌を増殖させないというだけであって、そもそも人だろうが物だろうが菌の付着自体を阻止出来るものでもありません。この点も勘違いしてしまっている人は多いのではないでしょうか。

更に抗菌の効果を過信し過ぎてしまっている人も中にはいるかもしれません。例を挙げるなら、家で使われるトイレのペーパーホルダーやカーテンなど。抗菌加工された製品だからといって手入れを一切しなくても良いかと言うとそうではありません。自分自身でも清潔を保つ努力をしなければ、結局のところは抗菌加工されていようがいまいが衛生上の効果は期待できません。

殺菌とは?

菌を減らす除菌や菌の増殖を防ぐだけの抗菌と異なり、殺菌はストレートで分かりやすくて良いですね。それは菌を死滅させることであり、前者に比べて対抗策としては強力な部類に入ります。しかし定義上では具体的にどの程度菌を殺すことが殺菌と言えるのかなど規定が無く曖昧です。

それとは正反対で菌を殺すという点では共通しているものの、定義がはっきりしているものに滅菌があります。これは無菌状態を作り出す、つまり菌を全滅させるということですが、それを保証することは困難とも言われています。その代わりに菌が生存出来る確率が100万分の1以下を達成することで、無菌状態を保証すると定義付けたことで滅菌の定義に関しては落ち着きました。

まとめ

除菌、抗菌、殺菌だけでなく滅菌や消毒など、これら類義語の差をしっかりと理解することは菌と共存していく上で非常に大切なものです。逆に理解が不十分だと、変な勘違いを起こしてしまったり意図した効果が得られなかったりと良いことはありません。最低でもこれらの対策は菌を無くすことだけが目的ではないということは必ず押さえておきましょう。実用的でないものも紛れているので実質、この三つを覚えておけば知識としては十分です。