おすすめの商品はコレ!除菌や消臭効果の高い商品ランキング
  • > 
  • 赤ちゃんの除菌でおすすめの方法とは?

赤ちゃんの除菌でおすすめの方法とは?

赤ちゃんは生後六ヶ月までは母親から免疫力を貰っているので病気にかかりにくいと言われています。しかし、それを境に体調を頻繁に崩すようになったというのはよくある話で、いかに子ども単体では免疫力が足りないかが分かります。そんなことお構いなしに好奇心旺盛な年頃は何でも口に入れようとしてしまうので、その際に菌が入ってしまわないか心配になることもあると思います。

行動を制限することも可能ですが、我が子の可愛らしい姿を見ていてはそれすらかわいそうに思えてきます。邪魔をせずに菌が入る心配を無くすにはどうすれば良いのでしょうか。

赤ちゃんに除菌は必要?

可愛い小さな我が子が、風邪やなんらかの病気で苦しんでいる姿は見たくないという親心から、つい神経質にはなっていませんか?菌による影響は赤ちゃんだけでなく、家族全体の問題です。そのため、対策を取るのは今の時代当然と考えられています。テレビCMでも、とにかく菌を無くすことの重要性が叫ばれいるのがその証拠と言えるでしょう。実際に除菌が必要かどうか問われれば答えはYESですが、神経質になってまで徹底すべきことではありません。

人混みを避けるだけでも十分過ぎるぐらいリスクは抑えられますし、通常であれば予防接種も定期的に受けているはずです。赤ちゃんがまだ受けられない予防接種は家族が受けることで少なくとも家族間での感染は防げます。

除菌しないとどうなる?

除菌を疎かにすれば当たり前ですが菌が減ることはありません。それに伴い、赤ちゃんの病気にかかるリスクは上がってしまいます。それでも神経質になる必要は無いというのは一体どうしてなのでしょうか。一昔前までは今ほど除菌は流行っていませんでした。除菌を徹底しようと思っても無理だった、という一面もありますが、それでも現に今まで歳を重ねてきた人たちが日本には溢れるほどおり、神経質にならなくても大丈夫なことは彼ら自身がその身をもって証明してくれています。

また、今の若い世代に比べて人生の先輩方の方が病気にかかりづらいという意味で身体が強く感じます。それは変に意識して整った環境で育つと身体に元々いる良い菌ですら減ってしまったり無くなってしまったりするからです。

赤ちゃんの除菌におススメの方法は?

病気から守り、清潔を維持する為に赤ちゃんの手を綺麗にしてあげたいと思うのは親として当然です。しかし市販されている、大人が使えるような用品をそのまま使っても大丈夫なのか分からず不安になると思います。特にアルコールに関してはアレルギーもありますし、お酒と同じ成分と考えると敬遠したくもなるでしょう。でも最近はノンアルコールのウェットティッシュも販売されていますからそれを使えば安心です。

また、アルコールで拭いた手を舐めてしまわないかという点でも心配はありますが、すぐに乾いてしまうことや過剰な摂取にならなければアレルギーである場合を除いて問題ありません。しかし除菌という目的の為であれば手洗いだけでも十分と言われているのでそちらが一番安心かもしれませんね。

まとめ

金に対して神経質になってしまうのは「我が子が可愛い」と思うからこそのものであり、誰もがその気持ちに十分な理解を出来るでしょう。しかし今だけではなく将来的なことも踏まえて考えるならば適度な対策に留めて、良い菌は勿論ですが、悪い菌とも一緒に暮らしていくべきです。体質的に駄目という例外的なケースもありますが、菌が人の免疫を作る重要な要素を担っていることも確かです。何かしらの事情が無ければ必要最低限な対策だけでも元々備わっている免疫力での大抵のことはどうにかなってしまうのが人間の身体です。過度に不安にならず、最低限の衛生を維持するだけでも十分と言えるでしょう。

この記事をシェアする!