アルコール除菌の使い方と効果

ウィルスや雑菌が活性化する時期になると、決まって色々な場所でアルコールを目にします。手洗い後の手指に吹きかけたり、場所によっては床や靴、家具などへの抗菌剤として使用する事もあるでしょう。しかし、アルコールが全ての雑菌に対処出来るわけではありません。効果が期待出来ないケースもあるのです。今回はあまり知られていない、アルコール除菌の仕組みについて、詳しくご紹介したいと思います。

アルコール除菌の仕組み

除菌と言えば、何といってもアルコール消毒。とはいえ、そもそも何故菌に効果があるのかご存知でしょうか。多くの除菌剤に使用されているのが、メチル・エチルアルコールとイソパノールと呼ばれるものです。普段私達が除菌剤として使用している物の濃度は決まっており、大体70%から80%程になるよう水分で薄められています。これは、ある程度の水分がなければ、抗菌作用が期待できないためです。

そして一定の濃度となれば、タンパク質の活性化を失わせ、且つ不溶性に変える変性の作用を与え、また細菌の細胞壁を破壊し死滅させる作用をもたらす事が分っています。更に揮発性の高い液体であるという特性から、細胞内を乾燥させて脱水状態を引き起こすという作用も知られています。

アルコール除菌の効果が期待できないケースとは

雑菌やウィルスが心配なら、とりあえず除菌を行っておけばいい、と考えがちですが、実は効果が期待できないケースも多々あるのです。例を挙げるとすると、ノロウィルスやロタウィルスなどのウィルスにはあまり効果がありません。効果が出ない理由は、ノロウィルスやロタウィルスなどのウィルスが、他のウィルスと構造が違う点にあります。

まず、ウィルスは構造上、大きく2つのタイプに分けられます。一つがタンパク質の殻の周囲を、エンベロープという脂質の膜で覆われているもの。もう一つがエンベロープが無いもの。この内、アルコールはエンベロープを破り、中のウィルスを破壊出来る仕組みを持っているのですが、一方でノロウィルスやロタウィルスはエンベロープを保有していないウィルスであり、攻撃を受けにくい構造となっているのです。ノロウィルスなどのウィルスには、次亜塩素系の物がおすすめです。

アルコール除菌の使い方

揮発性が高く、除菌や防カビに効果を発揮する上記の特性を生かせば、あらゆる場面で利用が可能です。例えば掃除。水拭きで汚れを取っている、という人も多いかもしれませんが、実は水拭きだけでは反対に雑菌を広げてしまう可能性もあるのです。しかしそんな時でも、アルコールスプレーは便利です。水拭きをやめてスプレーでの拭き取りに切り替えれば、抗菌や殺菌はおろか、防カビや消臭の効果も得られます。

また、口に入っても体に害のないスプレーであれば、レンジの中や冷蔵庫の中までも掃除が可能。油汚れにも強い為、換気扇などの掃除にも便利です。希釈して手につける際は、水分で濃度が薄くなってしまわないよう、なるべく乾燥した手に塗布するように心がけてください。使い道を広げて、雑菌の少ない快適な生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

アルコールは毒性も低く、揮発性も高い為に様々な場所で利用されています。抗菌や殺菌効果も勿論ですし、水拭きのように掃除に使用される事も多いでしょう。怪我をした時にも使用しますし、私達にとって最も身近な薬品かもしれません。

しかし、そもそもこれがどういった作用を起こし、どういった効果を与えてくれる物なのかという点について、はっきりと説明出来る人は多くはないでしょう。毒性も低く、危険な薬品ではありませんが、正しい知識を持っていた方が何かと安全ですし、効果も上がります。知識を得た上で是非使用してみてください。