猫の臭いの原因と消臭剤の選び方

現在、たくさんのご家庭でいろいろな種類のペットが飼われており、その中でも猫はランキング上位に位置する動物ですよね。それだけ愛らしく飼いやすい動物と言えますが、飼っていて向き合わなければいけない問題の1つ、「臭い」について皆さんはどうしていらっしゃいますか?帰宅して部屋がツーンと臭ったり、かわいい猫ちゃんと顔を近づけて臭ったりするのは嫌ですよね。そもそも何が臭っているのでしょうか。その原因に合った消臭剤と役立つ商品をご紹介します。

猫の臭いの原因

猫の臭いの原因はざっくり分けて2つあります。1つは「猫自身が臭っている」、そして2つめは「猫にまつわるものが臭っている」。前者はおしっこ臭やうんち臭など排泄によるものと病気の場合があり、後者はほとんどが「トイレ臭」です。本来猫は体臭のない動物で病気でもしない限り排泄物以外の臭いがすることはありません。

そして病気で臭う場合は治療が必要なので、まずは獣医さんに相談するしかありません。家庭内で臭う場合の原因は病気を除くと「排泄臭」に限られてきます。おしりやその付近に排泄物が飛んだりしてついている場合は、ふいてあげる必要がありますし、毛の長い種類の場合は排泄の度に気を付ける必要があります。トイレやお部屋全体が臭う場合は、消臭のケアが足りないか、間違えているのかもしれません。

猫用消臭剤の選び方

猫用消臭剤の種類は大きく分けて2つあります。その場に置いて消臭してくれる「置き型タイプ」と、臭う場所に直接振りかけて使う「スプレータイプ」です。まず、猫は強い臭いに弱い動物です。人間が臭っていい香りのものを極端に嫌う傾向があります。

猫用でないものを選ぶ場合は気を付けましょう。トイレに関してはマメに砂を変えたり掃除をしたりすることが前提ですが、トイレでない場所で粗相をしてしまった場合などには即効性のあるスプレータイプがおすすめです。舐めても大丈夫な植物由来のものを選ぶといいでしょう。

何らかの理由で部屋の中のどこかについてしまった排泄物が臭う場合は、こちらも掃除が前提ですが、置き型タイプで消臭するのが効果的です。スプレータイプも置き型タイプも、消臭の他に菌を分解する除菌効果が含まれているものがあります。用途に合わせて選びましょう。

猫の消臭に役立つ商品

臭いの原因がほぼ排泄物にあると分かったと思いますので、続いてはトイレの消臭に役立つ商品をご紹介。トイレの砂は何をお使いですか?飛び散りませんか?

花王の「ニャンとも清潔トイレ」は画期的なシステムトイレです。脱臭・抗菌シートと脱臭・抗菌チップを使用し、シートは1週間に1枚交換、うんちを取り除くだけ。価格はサイトによって開きがありますがトイレ本体ドーム型で3280円、シート8枚入り1002円、4リットル1028円。砂だけの時と比べると圧倒的に臭いません。大粒なチップなので飛び散りません。

そして臭ってしまったあとの消臭剤としておすすめなのがペット健康館の「カンファペット」、おしっこ臭の原因であるアンモニアを分解して水に戻してくれます。猫が舐めても目に入っても無害です。しかもこちらは手や衣服などの除菌にも使えます。300ミリリットル入りで1520円、詰め替え用もあります。

まとめ

かわいいペットである猫。でも臭うと気になりますよね。臭いの原因はだいたい排泄臭によるトイレにあることが分かりました。原因が分かったことで対策が立てられます。砂を変えてみることでお掃除がしやすくなったり、砂だと確認しづらいおしっこの色もトイレを変えることによって確認しやすくなったり、結果健康管理に直結します。

また、ついてしまった臭いにも安心安全な薬剤を使ったスプレーなどを使用することで、ペットにも共に暮らす人間にも害がありません。私たちの一生のうち長くを一緒に過ごしてくれる猫ちゃんも、お世話をする飼い主さんも、お互いに過ごしやすい環境を作っていけるといいですね。