除菌もできる手作り洗剤はいいことだらけ!

除菌に関心のある人に強くおすすめしたいのが、効果抜群の手作り洗剤です。酸性タイプとアルコールタイプの二種類があり、どちらも掃除と除菌が一度に済んでしまうので使い勝手が良く、市販品に比べてコストが抑えられますので少しでも気になるところにどんどん使えます。雑菌の繁殖が気になる季節はもちろん、普段からこまめに使って衛生的で安全な毎日を過ごしましょう。

酸の力で除菌も消臭も!

酸性の洗剤を手作りする際に、最もよく用いられるのがクエン酸です。クエン酸には除菌のほかに汚れを落としたり消臭したりする効果があり、家庭のさまざまな場所で使えてとても重宝します。クエン酸はスーパーやドラッグストアなどで粉末タイプが販売されていて、すぐに入手できます。

作り方は本当に簡単!スプレー容器にロートを差し込み、クエン酸小さじ1と水道水200mlを入れてよく振ってクエン酸が溶けたらもう完成です!特に拭き掃除にはもってこいで、キッチンやトイレなどをきれいにしたいとき雑巾に洗剤を吹きかけて使えば、除菌と消臭のダブル効果でスッキリ爽やかです。またアルカリ性の汚れに強いので、水アカや石鹸カスの気になるお風呂掃除にも使えます。

安く大量に作れるので惜しみなく使えて、しかも効果は抜群!これはもう手作りするしかありません!

アルコールタイプで家中ピカピカ!

除菌と言えばまず思い浮かぶのがアルコールですが、洗剤を手作りするうえで市販のエタノールを選ぶなら、効果面でもコスト面でも消毒用エタノールがおすすめです。作り方はこちらも簡単で、スプレー容器に消毒用エタノールと水道水を入れて混ぜるだけです。エタノールと水の割合はお好みですが、通常ならエタノール4に対して水6、汚れがひどい場合なら半々にして、広い場所ならエタノールをもっと減らしても大丈夫です。

使用範囲は幅広く、テーブルや床などの木製品や鏡や窓などのガラス製品などいろいろ使えます。小さいお子さんがいる場合は、おもちゃの除菌にも役立ちます。雑菌の繁殖が気になる水まわりも、エタノールが効果的です。さらに油汚れにも強いので、キッチンのお手入れにも大活躍してくれます。

揮発性が高く、水洗いできない場所を掃除できるのもエタノールの魅力です。上手に使って賢く除菌しましょう!

使い方には気をつけて!

あると非常に便利な二種類の洗剤ですが、それぞれ使用方法には注意が必要ですので覚えておきましょう。

まず酸性タイプは、塩素系洗剤と混ぜると強い毒性のある塩素ガスが発生して非常に危険です。絶対に混ざらないように気をつけてください。そして金属は酸に触れると錆びてしまいますので、間違ってかかったらすぐに水拭きをしましょう。そのほか、大理石も酸がかかると溶けてしまいますので要注意です。

一方、アルコールタイプでまず気をつけなければならないのは引火です。キッチンの掃除をする際には、火を消した状態で行ってください。また、アルコールは皮革製品やニスが塗られている製品を変色させるおそれがありますので、使わないようにしましょう。それ以外の家電製品なども変色する場合がありますので、取扱説明書を事前に読んでおくのが賢明です。

まとめ

酸性タイプとアルコールタイプ、二つの手作り洗剤について紹介しました。どちらも安く簡単に作れるうえに除菌効果に優れていて汚れ落ちもよく、作っておくと非常に便利です。

ただし掃除に使う場合は特に、それぞれの使用上の注意を必ず守ってください。掃除の際は、この二つのほかにアルカリ性の洗剤を作って使い分けるとよいでしょう。ちなみにアルカリ性洗剤には除菌効果は期待できませんので、あくまでも除菌を重視するなら酸性かアルコールタイプということになります。上手に使いこなして、気持ちいい毎日を送りましょう!