除菌効果抜群の石鹸を楽しく手作り

ハンドソープが主流になりつつある昨今ですが、一方では手作り石鹸が静かなブームとなっています。天然素材のみで作れるという安心感や好みの香りをプラスできる満足感、そして除菌をはじめとする様々な効能を自分で決められるという選択肢の多さが健康志向の人たちに受け入れられています。道具を使わず自分の手でこねて作る楽しさも、人気の要因のひとつです。材料さえ揃えればちょっとした気分転換にもなり達成感も得られますので、気軽に始めてみませんか?

お肌に優しい材料を

小さなお子さんや敏感お肌の人も安心して使えるのが、手作り除菌石鹸の最もよいところです。余計な添加物を一切使わない安全な石鹸作りは、材料選びから始めましょう。

材料はシンプルで、石鹸素地に香りづけの精油、さらにドライハーブとハチミツ、後は熱湯です。石鹸素地は手作りコスメグッズやアロマオイルの販売店などで買えますが、インターネットの通信販売サイトでも購入できます。精油は除菌効果に加えて肌トラブルやアンチエイジング効果のあるものなどがおすすめですが、自分の好きな香りで構いません。ハーブはハーブティー用のもので十分ですので、お好みのものをお選びください。

注意が必要なのはハチミツで、アレルギーのある人は代わりにホホバオイルを使うとよいでしょう。ハチミツよりも保湿効果が高く泡立ちもいいので、アレルギーに関係なく好んで使う人もいます。

子どもと一緒に簡単に作れる

材料を揃えたらいよいよ作成ですが、今回紹介するのは手でこねるタイプで粘土遊び感覚で作れますので、お子さんと一緒に手作りに挑戦するのも楽しいですね。

まず、ドライハーブ2gと熱湯30mlを耐熱グラスに入れてラップをかけて10分程度蒸らし、冷めたら濾してハーブ浸出液を作ります。次に、厚いビニール袋に石鹸素地100gを入れたらハーブ浸出液を少しずつ加えながらこねていきます。そのあと、精油を10滴ほど加えさらにこねながら混ぜ合わせます。耳たぶくらいの固さになったところで、ハチミツ小さじ1を加えてまたこねます。ハチミツがなじんだら袋から出して、今度は手で丸めて成形し風通しのいい日陰で数日乾燥させて完成となります。

好みで飾り用のドライハーブを加えるとオシャレ度がアップします、もし入れたいのなら精油を加えるときに一緒に入れてください。

高い除菌効果で病気知らず

石鹸の除菌効果を高めるには、使用するドライハーブや精油に除菌作用があるものを選ぶのがポイントです。いくつかご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

ドライハーブでおすすめのものとしては、料理にも使われているセージやローズマリー、香りのよいミントやラベンダーなどが挙げられます。精油なら、免疫力もアップしてくれるティートリーや消臭効果を兼ね備えたユーカリなどがよいでしょう。ドライハーブと精油の組み合わせは自由ですので、片方は除菌対策でもう片方は気に入っている香りのものをチョイスするという方法もあります。

ドライハーブと精油を同じ香りで統一するとスッキリとした一体感が出せますし、あえて異なる香りをブレンドさせてオリジナリティーを追求するのも素敵です。手作りだからこそ味わえる、効能と香りのハーモニーを満喫してください。

まとめ

こねて丸めているうちに、部屋中に香りが広がっていくのを想像するだけで幸せな気持ちになれますね!ハートや動物の形にしたりわざと少し不格好に作ったりするなど、手作り石鹸ならではのいろいろな楽しみ方ができます。

除菌ができて好みの香りを調合できていいことだらけのオリジナル石鹸は、お子さんやお友だちと一緒に作るという楽しみ方があるのがさらなる魅力です。休日にゆっくりと石鹸作り、なんて時間の過ごし方も優雅で素敵ですね!