ノロウィルス対策用の消毒液の作り方

ノロウィルスはほとんどの場合、経口感染です。感染者の吐しゃ物や便の処理の後の消毒や手洗い不十分での感染や、飲食店などでは感染者が調理したものを食べることで感染経路にもなります。もちろんノロウィルスに汚染されている井戸水や生水、生の食材も感染経路になります。感染を防ぐ対策としては、食材の加熱調理をしっかりとすること、感染者と接触する際は消毒を心掛けることです。そのため、消毒液のことについてしっかりと知っておきましょう。

ノロウィルス対策用の消毒液の作り方

まず、市販の消毒液でも色々な成分があるのですが、ノロウィルスに効果的なものとして、次亜塩素酸ナトリウムがあります。この次亜塩素酸ナトリウムは家庭用に市販されている塩素系漂白剤に5%含まれており、この漂白剤を使用してノロウィルス対策用の消毒液を作ります。
用途によって濃度を変えて作ります。普段用には、濃度が0.02%、水2.5リットルに対して塩素系漂白剤を10mlを溶かすとよいです。ペットボトルで作り、スプレーキャップを取り付けて、ドアノブや手すり、トイレの中などに使用しましょう。
感染者の便や吐しゃ物を処理した後の箇所を消毒する際はもっと濃いものが良いです。濃度が0.1 %、水500mlに対して漂白剤10mlを溶かしましょう。これを、同じくスプレー付き容器にいれ、処理後の場所にスプレーします。

消毒液を作る上での注意点

消毒液に使われる塩素系漂白剤は肌にとって刺激物になります。消毒液を作る時は手につかないように手袋をしましょう。また、上記の作り方で作った液はあくまでも物に対して使うものですので、手や顔などに噴きつけないようにしてください。
万が一、目や口に入った際は十分にすすぎましょう。漂白剤の臭いで気分が悪くなる人もいます。室内で作る際は換気を十分に行いましょう。作った後の注意点ですが、保管する場合は直射日光のあたる場所や高温の場所は避けてください。
また、長時間の保管により効果が薄れてしまうので、その都度使いきるように心がけましょう。そして、使用の際ですが、塩素系漂白剤で金属が腐食することもありますので、金属部分の消毒に使った後は、水拭きで拭き取ることが必要です。

市販の消毒液でおすすめのものは?

次亜塩素ナトリウムは消毒力こそありますが、身体にとっては刺激が強い物です。市販のものでしたら食品にかかっても安全というものがあります。2つご紹介します。
1つは「ウィルバス」です。食品に直接かけることができる上、ウィルスを不活性化させることができるものです。飲食店や宿泊施設でも使われています。濃度別に3種類市販されており、「ウィルバス」「ウィルバス200」は普段の予防用、一番濃度が濃い「ウィルバス1000」は感染者の汚物の処理後の消毒に使うのがお勧めです。保存期間も3~6ヵ月なので、心配な流行シーズンをカバーできます。
もう1つは「イーフィックス」です。これでしたらノロウィルス以外にもインフルエンザやSARSウィルスにも効果があるので、1本で他のウィルス対策もできます。こちらも口に入っても安全な成分でできていて、さらに保湿成分も配合されているので、肌の弱い人にありがちな消毒液による手荒れを防ぐことができます。

まとめ

ノロウィルスを予防、感染の拡大を妨げるには消毒が有効です。家庭で作ることが可能で、市販の塩素系漂白剤と水のみで作ることができます。しかしながら、次亜塩素系ナトリウムは手の消毒には不向きです。市販のものでしたらスプレータイプでかつ、口に入っても安全なものがあります。インフルエンザと合わせて、ノロウィルスの対策もし、元気に冬を乗り切りましょう。