部屋の臭いの原因を解説

台所から下水の臭いがする…。玄関が黴臭い…。家の中の嫌な匂いは、何かと気になるものです。毎日掃除しているのにどうしてこんなに臭いの?と思っている人は、実は匂いの原因をちゃんと把握せずに掃除していないでしょうか?嫌な匂いの元を根本から理解しておけば、自ずと対処も可能です。今回は家の各部屋中でも特に気になる場所をピックアップし、その臭いの対処法をご説明します。

玄関の臭いの原因

玄関の匂いって気になりますよね。家の出入り口である玄関が臭いとなると、来客時にも困ります。玄関の悪臭の原因は、主に靴や埃からくるものです。一日中使った靴は汗が染み込み、そんな靴をしまう靴箱は雑菌が繁殖しやすく、湿気も溜まりがちです。玄関での悪臭を抑える為に、脱いだ靴は直ぐに靴箱にしまわず、なるべく空気にさらしておきましょう。

また、玄関は家のどの部屋と比べても湿気が溜まりやすい場所なので、なるべく風通しを良くして、靴は定期的に天日干をしましょう。靴箱は埃やゴミも溜まりがちですので、定期的な掃除を心がけたいものです。

靴箱の棚に新聞紙を敷いておけば、その上に乗せた靴の湿気を吸収してくれる役割も果たしてくれます。また、乾燥剤を靴の中に入れて収納してみるのもおすすめです。

台所の臭いの原因

台所は口に入れる物を扱う場所ですので、そこが臭うとなると特に神経質になるものです。また、台所は悪臭を放つ要因がたくさんある場所とも言えます。要因の一つ目は生ごみ。三角コーナーは、生ごみがそのままに放置されている状態ですので、夏場などは特に気をつけておきたいもの。悪臭を放つ前に、こまめに取り換えるようにしましょう。三角コーナー自体もしっかり洗い、シンクの隅も綺麗にしておきます。

次に冷蔵庫。あらゆる食材を詰め込んだ冷蔵庫には、中には賞味期限切れの食材も放置されている可能性があるかもしれません。腐っていなくても、魚や野菜が原因となっている可能性もある為、冷蔵庫の中の定期的な掃除と、冷蔵庫用の消臭剤を置くようにしましょう。

そして最後に、台所で最も悪臭の原因となってしまうのが排水溝。夏場などは特に下水の臭いを感じますよね。最近では排水溝の奥まで洗浄する洗浄剤も販売されているので、それらを使った定期的な掃除と、もしくは熱湯消毒などをおすすめします。

キッチンやトイレの臭いの原因

玄関や台所に並び、トイレの悪臭も気になります。トイレは他の部屋とは違い、排せつ物を処理する場所ですので、特に気にしておきたい場所です。トイレの悪臭は言わずもがな、排せつ物の飛び散りやこびり付いた汚れによるもの。特に尿は想像以上にあらゆる場所に飛び散っているので、普段の掃除でも壁や床、便器周りなど入念に拭いておきましょう。

一見便座には飛び散っていないように見えても、便座の裏側にたくさん飛び散っている事も多く、そこから悪臭が放たれている可能性もあります。便座の裏も都度拭き取るように心がけたいものです。拭き忘れによる匂いだけではなく、単純に排せつ物の匂いが気になっている場合もあります。他の人が使う事も考え、常に消臭剤や除菌スプレーを使用する事をおすすめします。

まとめ

部屋によって気になる臭いってありますよね。一番落ち着く家の中なのに、嫌な匂いがあるとどうしても落ち着きませんし、その上来客の際も気を遣います。特に毎日掃除をしていたとしても、トイレや排水管はどうしても汚れてしまう為、完全に匂いを消す事は不可能に近いです。

しかしどれだけの悪臭であっても、こまめに適切に対処していれば、いずれ効果が現れます。大事な事は悪臭の原因を知り、その原因を絶つ事です。匂いの原因を把握し、快適な住空間づくりを目指してください。