除菌水スプレーは人体やペットに悪影響を与えないの?

ドラッグストアに行きテレビコマーシャルで頻繁に宣伝されている有名な除菌スプレーの成分をいくつか調べてみたら「消臭成分、除菌成分、香料」としか記載されていませんでした。

このような曖昧な成分表示が書かれた商品は、どんなに有名で売れている商品であっても安心して使うことができないと思います。

そこでからだに優しい商品を探していると「除菌水」というものにたどり着きました。赤ちゃんにも使える安全な商品がだということですが、人体に悪影響がないのか実際に調べてみました。

除菌水スプレーの安全性

アルコールの成分が含まれていない除菌・消臭スプレーに使われている除菌水は、成分の違いによって安全性や消臭力、除菌力に違いがありました。今回は人体にもペットにも安心して使用できる安全性の高い除菌水を調べることを目的としています。

そこで、水道水と食塩を電気分解することで抽出された「次亜塩素酸水」に注目しました。いくつかある除菌水の中でも次亜塩素酸水は安全性の高さに定評があり、次亜塩素酸水の除菌水スプレーは人体やペットにも安心して使用できる商品だといえます。

除菌・消臭を目的につくられている次亜塩素酸水は、pHが弱酸性に調整されています。成分は水とごく微量の次亜塩素酸水だけですが、とても強力な除菌・消臭力と安全性の高さを兼ね備えています。

安全性の高さの根拠は成分のほとんどが水であること、次亜塩素酸の濃度が非常に低いこと、弱酸性に調整されたpH値で塩素ガスが発生しないことです。これなら室内の消臭と除菌のためにスプレーする際に、子どもやペットに直接かかっても悪影響をおよぼす心配がありません。

成分に含まれている「次亜塩素酸」という文字だけを見ると、科学の知識が乏しい者にとっては薬品のようなイメージを抱いてしまいます。しかし、この成分でつくられた除菌・消臭水が、厚生労働省認定の検査機関で飲料水の適合検査に合格している実績があるのです。

次亜塩素酸水を除菌水として利用しているものは、テレビコマーシャルで見かける某有名メーカーの「トウモロコシ由来の成分」を使用している除菌消臭スプレーより、はるかに安全な商品であるといえるのではないでしょうか。

人体へ悪影響をおよぼさず、除菌力と安全性が高い除菌水なのでデリケートな赤ちゃんのお尻拭きや介護中のお年寄りのからだ拭きにも安心して使うことができます。

ここまでで次亜塩素酸水の安全性が少しは伝わったでしょうか?今回は消臭スピードの速さや、広範囲のばい菌・ウイルスに対応できる除菌力までは詳しくお伝えすることができませんでした。

安全性と除菌・消臭力を兼ね備えた商品に興味がある方は、次亜塩素酸水の除菌・消臭力を実際に試してみることを強くおすすめします。特に消臭完了までの早さは、きっと体感できることでしょう。

製法による違いで人体への影響も

除菌水には次亜塩素酸水のほかにも、さまざまな成分の液体が使用されています。次亜塩素酸水は水道水と食塩の電解処理によってつくられます。このような電解処理によってつくられる液体は、処理装置や工程を変えることによって性質の異なる液体を生産することができます。

電解処理装置の隔壁で仕切られた電解槽の数や電極との位置関係によりさまざまな性質の電解水が生成されるのです。塩素濃度と水素イオンの濃度に応じた装置で生成させることにより、目的の水溶液を生成することができます。

電解処理で生成された次亜塩素酸水は「酸性電解水」といわれます。次亜塩素酸水が健康に悪影響をおよぼさない安全な除菌水として使われている理由は、水素イオン濃度が酸性のために皮膚や粘膜に触れても健康被害がないのです。

いっぽう、次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸ソーダ)の水溶液も同じく除菌水として使用されていますが、こちらは苛性ソーダの水溶液に塩素ガスを反応させて生成し希釈したものが除菌用に使われているのです。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムを除菌水として使用する場合の安全性を比べると、次亜塩素酸水の安全性がより高いと考えています。次亜塩素酸ナトリウムでピンとこなければ「漂白剤」を思い出してください。

キッチンでまな板やフキンを除菌するのに使用する市販の漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムが6%程度含まれています。除菌・漂白の用途に合わせて希釈して除菌と漂白をおこなっているのです。次亜塩素酸ナトリウムの除菌水スプレーの安全性は成分濃度を下げて使用していることが理由なのです。

次亜塩素酸ナトリウムを通販で購入し、希釈して除菌水のスプレーボトルとして利用している方もいます。希釈せずに使えるスプレーボトルとして市販されているものを確認すると、希釈濃度が100 ppm(0.001%)で、顔や肌、髪の毛、ペットへの使用、吸入への注意書きが記載されています。

もし、希釈濃度を間違って使用すると、人体に悪影響を与えることになる危険性があるので十分に注意が必要です。

人体に悪影響を与える除菌水スプレーとは?

次亜塩素酸の除菌水スプレーは安全で人体への影響がないとお伝えしてきました。赤ちゃんの肌にもお年寄りにも直接使用しても問題なし。誤って飲んでしまっても大丈夫。なおかつ、強力な除菌力が多くの細菌に幅広く作用して、消臭効果も抜群です。

このように次亜塩素酸の除菌水スプレーの良い面ばかりが目立つのですが、次亜塩素酸水の良さというものを別の角度から見ると、人体に悪影響を与えてしまう除菌水スプレーという見かたもできるのです。

次亜塩素酸水の強力な除菌力とデリケートな肌への使用が可能ということが悪影響を与える要因になるのです。もともと私たちのからだには数え切れない数多くの微生物が活動しています。

腸内細菌とか善玉菌、乳酸菌だけではなく、顔にも頭にも、皮膚の表面にも私たちを守ってくれている微生物が生きています。これらの微生物を強力な除菌力の次亜塩素酸水で退治してしまっては本末転倒です。

病気にかからないために除菌スプレーを使っていたはずが、除菌スプレーの素晴らしい活躍のせいで、自分たちがアレルギーや病気になりやすいからだになってしまう危険性があると思いませんか?

特に成長過程の子どものからだは、侵入してきた外敵と見えないところで戦って免疫力を鍛えている最中です。からだを守っている常在菌のバリアを壊してしまわないように注意することが重要です。

そして除菌水スプレーに限らず、成分が不明な除菌スプレーやなどは使わないことが悪い影響からからだを守ることにつながります。

まとめ

今回は、除菌水の情報をいろいろと調べてみましたが、個人的にはほとんどの面で次亜塩素酸水のレベルが高いと感じました。次亜塩素酸ナトリウムのような塩素系の商品は、次亜塩素酸水の能力と安全性を知ってしまうと個人的には使うのをためらってしまいます。

しかし、アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムにも次亜塩素酸水に負けない有機物の汚れや油汚れの洗浄除去の優れた力があります。除菌消臭力の能力も高いですし商品の安全性もあると思います。

ただ誰かに「人体とペットに優しい商品はどちらですか?」と聞かれれば、ためらわずに「次亜塩素酸水の商品がおすすめですよ」とお伝えします。