除菌もできるフローリング掃除の仕方

特に何か暴れたわけでもないのにふと見ると部屋の隅にふわりと落ちているホコリ。光の加減でちらっと見えた何かのシミ。素足で歩くとなんだかサラサラ感がない。毎日お掃除していてもピカピカな状態はなかなか持続してくれませんよね。ところでその汚れの原因は一体何なのでしょうか。今のお掃除の仕方で本当に汚れは落ちているのでしょうか。

原因を知ることでもっと効率よくキレイにできるかもしれません。今回はフローリングの汚れの原因やお掃除のポイントなどをご紹介します。

フローリングの汚れの原因

人やペットの毛などによる目に見える汚れなどの原因は明らかですが、普段生活をしていて何やらフローリングがペタペタしていることはありませんか?その原因として考えられることは、皮脂による汚れです。足の裏の皮脂が歩いている間に床についてしまっているのです。皮脂は同様に手にもありますので、手の皮脂がついている場合も考えられます。台所周りの場合油による汚れもあります。

これが床に飛び散り足で踏んでその汚れを部屋中に巻き散らかしているといえばイメージが沸きやすいでしょうか。そしてカーペットなど敷物と床の間は通気が悪く、水分をこぼしたまましみ込んだものを放置しておくと季節によってはカビが生えます。

また、ワックスをかけている場合、かけてから時間が経つとワックスが劣化をしてその部分が黒ずんでくる場合もあります。

フローリング掃除のポイント

床の素材にもよりますが、フロアワイパーなどでほこりを取るお掃除をする場合、どのように使用していますか?髪の毛やホコリを取り逃さず、更に床の汚れも落としたいからといって、ギューッと力を入れてもフロアワイパーの効果は発揮できていません。フロアシートは髪の毛やホコリをからめとるため、ワッフル構造になっています。思った以上に軽い力で大丈夫です。

雑巾などで水拭きする場合は、手のひらサイズに折りたためば床に面している雑巾部分に手の力が均等に伝わって効率がよくなり、雑巾を固く絞ることで拭き跡が残りません。また、水拭きをした跡の水分が残ってしまうとカビの素。お天気のいい午前中にすると、しっかり乾いてカビ防止にもなります。

拭くときには部屋の奥から手前へとしっかり拭き上げていきます。パストリーゼなどのアルコールを雑巾に吹きかけてからこの方法で拭くと除菌もできます。

フローリングの掃除方法

フローリングを見て、あ、ホコリ!あ、髪の毛!と思うとすぐに掃除機をかけがちなのですが、掃除機だけで掃除をしていると、かけてもかけてもホコリが舞ってくる気がしませんか?それは大きなホコリを吸った後、掃除機の排気で別のホコリを空気中に飛ばしてしまっているからです。

まずはフロアワイパーなどでホコリや髪の毛を軽い力でふきとって、そのあとフロアワイパーでは拭き取れない部屋の隅などを掃除機で吸い取ります。この場合、フローリングばかりに目がいきがちですが、ホコリは高いところにもたまっています。

掃除機の排気で舞ってしまうホコリは家具の上などにたまります。フロアワイパーやほこりとりを使うときは高いところから低いところへ。こうすることでお部屋の中をまんべんなくキレイにすることができます。

まとめ

近年日本の住宅には、畳の部屋よりも断然フローリングのほうが多くなってきました。そのフローリングもお手入れを間違えると何度お掃除をしてもキレイにならなかったり、逆にストレスを増やす要因になってしまったりします。

油汚れには界面活性剤入りの洗剤を少し雑巾に含ませて拭けばきれいに落ちますし、拭いた後しっかり乾燥させることを知っていれば、カビも生えにくくなります。何よりフローリングはお部屋の中で目に入る部分として大きな面積を占めていますので、フローリングがきれいであれば見た感じの清潔感も増します。

お部屋が清潔になると、何より住んでいる方たちが快適な気持ちで過ごせますね。毎日のお掃除を効率よく進めていくことで、無駄がなくなり、好きなことができる時間が増え、おまけにお部屋も清潔。そうありたいものですね。